徳丸本の中の人 OWASP Japanアドバイザリーボード EGセキュアソリューションズ代表 IPA非常勤職員 脆弱性診断、WAFの販売・導入、セキュリティコンサルティングをやっています。
https://t.co/F0kveu1nJM

YouTubeであの様な技術を無料で公開しているということは先生にとってはレベルの高くないものなのでしょうか?

2020/07/28 22:34

なぜ無料で公開しているか、ですが、そこには表現者としてできるだけ多くの方に見ていただきたいという思いと、会社経営者として、無制限に無料で公開するわけにはいかないという思いのせめぎあいがあります。単純に言えば、無料公開版は「商品見本」なのだとみなせると思います。見本ですので、魅力的で、かつ高品質でなければなりませんが、あくまで「見本」ですので、広大なウェブセキュリティの一部分です。「全容」をつかむには、無料ではありませんが、徳丸本をお読みください。本を読むだけでは理解が難しい人向けには有償講習会を企画しています。
ただ、初期の動画はあまりポリシーを定めずにやっていましたので、SSRFとか安全でないデシリアライゼーションの動画は「無料で良かったのかな」と思わなくもなく、そのうち非公開にするかもしれません。なので今のうちに見ておいた方がよいかもw
「レベル」については「無料だから低い」ということはないのですが、ブログと動画を比較すると、高いレベルのコンテンツを理解できる方はブログの方を好まれるという傾向はあると思います。動画は、より分かりやすく平易な方向に振っています。前述のように「商品見本」としての側面もありますので、無料だから低品質でよいとは思っていません。

ギフトサポートする

徳丸 浩

コメント

継続サポートするとコメントを閲覧、投稿することができます。

その他の投稿
Webアクセスにおける常時TLSの普及はだいぶ進んでいるのに、なぜメールはいまだに平文が主流なのでしょうか?
自身で運営していないWebサイトへ無断でセキュリティ診断に準ずる行為をすることは禁じられていると思っているのですが、公にバグバウンティをやっていないサイトの脆弱性が見つかって、確証をもってIPAなどに届けられるのは何故なのでしょうか。脆弱性にもよりそうですが、SQLに干渉する文字や、スクリプトやタグ文字を意図して送ってみたり、それなりのパターンを試さないと確証には至らない気がして、不思議に感じています。たまたま見つかったりするものなのでしょうか。
HasuraのブログでJWTのベストプラクティスとして、最初JWTを短かめの有効期限設定でメモリに格納し、その後silent refreshでログイン状態の保持(refresh tokenはcookieに保存&HttpOnly)を行う、とありましたが、この手法についてはどう思われますか?
https://hasura.io/blog/best-practices-of-using-jwt-with-graphql/
YouTubeの動画がどれも分かりやすいです。動画制作にはどのようなソフトを使っているのでしょうか。
数ある脆弱性や複雑な対策を減らすために、インターネット(の根本的な部分)を作り直したい、または「こんなネットの仕組みがあったら」のような妄想をしたことはありますか