徳丸本の中の人 OWASP Japanアドバイザリーボード EGセキュアソリューションズ代表 IPA非常勤職員 脆弱性診断、WAFの販売・導入、セキュリティコンサルティングをやっています。
https://t.co/F0kveu1nJM

ワンタイムパス(4〜6桁の数字)の複雑性が不十分との回答がありましたが、連続で実行できる回数を制限しておけば、ハッキングはほぼ不可能、ということでもないんでしょうか?(SIMスワップの可能性はここではいったん排除)

2020/06/29 12:42

そうでもありません。ユーザのうち誰かになりすましできればよいという条件であれば、ユーザー全体に、さまざまなIPアドレスから、6桁のワンタイムパス(PIN)を試行するという攻撃が考えられます。実際にはパスワードの寄与があるので攻撃確率は低いわけですが、パスワードの方が12345固定などであれば比較的容易に破られてしまいます。

ギフトサポートする

徳丸 浩

コメント

継続サポートするとコメントを閲覧、投稿することができます。

その他の投稿
Youtubeをよく拝見さてもらっております。
気になったのは、徳丸さんが動画投稿を行ってる目的が気になりました。
情報セキュリティの正しい情報拡散とお仕事のマーケティングがメインとなるのでしょうか?
言語を開発出来るレベルの知識を持って、仕事に挑みたいのですが……参考になる書物などありますでしょうか。

ウィンドウズ インサイド等は力になりますか?
静的コンテンツのみのコーポレートサイトであっても、ウェブアプリケーションとプラットフォームの脆弱性診断を実施する必要性はあるのでしょうか。
徳丸本にはオープンリダイレクタについて、「もともと外部のドメインに遷移する仕様であること」「利用者にとっても外部のドメインに遷移することが自明であること」を両方満たす場合は脆弱性とはならないと書かれていますが、メールなどで他サイトへ誘導するためのリンクとして使うなど、フィッシングへの悪用はできてしまうと思うのですが、それはよいのでしょうか?
WAF は静的コンテンツ配信のみを行っている Web サーバーには不要な物だと思っていましたが、それについて「ディレクトリトラバーサル等は静的コンテンツサーバーでも受ける可能性がある (ので WAF が有効)」との指摘を受けました。この指摘は妥当なのでしょうか?